Archive for the ‘未分類’ Category

リフレッシュ用のブレンドレシピ

紅葉アロマには多くの種類があり、中には精神をリラックスさせるものもあったり、その中で相性のいいブレンドをまとめていきます。
まず、有名なのはイランイランというアロマです。
このアロマと相性がいいのはスイートオレンジ、グレープフルーツ、レモンなどで、作用としてはストレスを和らげ、落ちつく効果があります。
有名なラベンダーはユーカリ、レモン、グレープフルーツなどで、こちらはリラックス効果に頭痛を軽減してくれる作用があります。
レモンにはスイートオレンジ、ジャスミンなどで、血行を良くしてくれ、集中力の向上、老廃物の排出効果などがあります。
他にもベルガモットといわれるアロマがあり、このアロマと相性がいいのはジャスミン、レモン、ブラックペッパーなどです。
作用としては気分を落ち着かせ前向きな考え、殺菌作用が強く、呼吸器系トラブルにも有効です。
ほとんどのアロマがどのアロマと合わせても相性がとてもよく、値段もリーズナブルなものが多いです。
主に精神的なものに大きな作用をもたらすアロマがほとんどで、相性によっては疲労回復、体調回復と、その効果は絶大で、生活に潤いや落ち着きを取り戻してくれる効果がとても大きいです。
手軽にどこでも購入できるのも人気の一つです。

お出かけ前用のブレンドレシピ

光と自然ローズマリーは清涼感のある香りが特徴のハーブで、古くから料理などに使われ、肉の臭み消しなどに利用されてきました。お茶に使えば、目が覚めるようなすっきりとした香りで脳を活性化させ、集中力を高めてくれます。また、抽出液は化粧水として使用すると、肌を引き締め、殺菌の効果も期待できる優れものです。またエッセンシャルオイルとしての効能は、鎮静作用、殺菌作用、抗ウイルス、筋肉弛緩などがあげられ、エッセンシャルオイルの中でも、ラベンダー、ティートリーに次ぐくらい有名なオイルで、色々な場面で活躍してくれます。
朝の寝起きにすっきりしたい時には、朝風呂の際、バスタブに数滴のエッセンシャルオイルを落とし、かき混ぜて入ればすっきり爽快です。時間がない時には、エッセンシャルオイルを数滴落としたマグカップなどにお湯を注ぎ、立ち上る蒸気を浴びるだけでも効果的で、エッセンシャルオイルはペパーミントやユーカリもブレンドしても良いかもしれません。出先では、ハンカチなどに1~2滴たらして、鼻にあてて深呼吸すれば、勉強や仕事中の眠気覚ましになります。自分に合った香りでオイルをブレンドして、気分をリフレッシュするのも良いかもしれません。

安眠用のブレンドレシピ

湖畔02プチグレンはオレンジから抽出出来る精油の一つです。
効用としては、痛み・不安を取り除いたり、精神が不安定などの状態の時に使うと気分を落ち着かせてくれたりすることです。
安眠用ブレンドレシピを考える場合、プチグレンをどのような物と組み合わせると効果的かを知る必要があります。
プチグレンのエッセンシャルオイルと相性が良いのは、ラベンダーのエッセンシャルオイルであり、組み合わせることで精神を落ち着かせて、プチグレンによって香りを和らげることで安眠が出来るようになります。
この組み合わせはとても使いやすく、日常的に使用している人が多いです。
また、プチグレンは抗ウィルスや抗菌に優れており、皮膚細胞活性にも役に立つ万能なエッセンシャルオイルでもあります。
脳内のセロトニン分泌を促したり、免疫力を上げたり、胃の筋肉を鎮静させる効果も期待出来ます。
プチグレンを使用する際に注意するべきポイントは、通経作用があるので、妊娠初期の妊婦は使用を避けることが必要ですが、精油が肌に付いた状態で日光に当たると、肌にダメージを与える光毒性は無いので、他のエッセンシャルオイルに比べて扱いやすく、様々な種類のエッセンシャルオイルと組み合わせることが可能です。

購入時の注意点とは

湖畔01 プチグレンは、もともとはオレンジ・ビターから抽出するものを指します。
ですがオレンジ・ビターだけでなく、スイート・オレンジやベルガモット、マンダリンなどの葉や枝から抽出されるものもプチグレンと呼ばれています。
プチグレンは小枝のアンダートーンの香りの中に柑橘系のさわやかな香りを感じることができ、フローラル系の甘い香りも漂う不思議な香りを持つエッセンシャルオイルです。
不安定な気持ちや気分が滅入りがちなときに使うと、心を高揚させてくれる特性を持っているので、気持ちを明るくさせてくれる効果が期待できます。
眠りを妨げる効果がないので、ラベンダーとブレンドし、寝室のフレングランスや就寝前のアロマバスにおすすめです。
またデオドラント効果も期待できますので、朝のアロマバスに気分をはっきりさせてくれるローズマリーとのブレンドでの使用もおすすめです。
購入時の注意点は、まずは自分に合うかどうかを確かめることです。
アレルギー体質の方や肌が敏感な方はパッチテストをしてから使用するといいでしょう。
また柑橘系のエッセンシャルオイルは精油が肌に残ったまま日に当たると、赤くなったり、発疹やシミになってしまう心配がありますが、プチグレンには光毒性はありませんので日中も安心して使用できます。

お肌への効能について

月とロケットプチグレンのお肌への効能は、皮膚組織の再生、皮脂分泌を抑える、皮膚の殺菌、デオドラント効果、フケを抑える、なとがあげられます。特に皮脂分泌を抑えることや殺菌効果から、脂性肌やニキビ肌のケアに向いていると言われています。老化によるシミを防いだり、皮膚を丈夫にすることにより若々しさを保つ効果も期待出来ます。
肌のケアにプチグレンを使うばあい、キャリアオイルに数滴混ぜて顔に塗り、オイルパックをしたり、クレイに数滴混ぜてクレイパックをするなどがお勧めです。特に、クレイパックは脂性肌の人に最適です。プチグレンが皮脂の分泌を抑え、クレイによって老廃物が取り除かれるので、テカリのないすっきりした肌にすることができます。シミ防止対策にもなります。パックはニキビ肌の人にも有効です。ただし、市販のニキビ治療薬と同時に使うのは避けて下さい。かぶれ等の皮膚トラブルの原因になる恐れがあります。蒸留水に数滴混ぜたものをスプレー容器に入れて携帯すれば、オフィスなどで肌が乾燥した際につかう手作りフェイスミストになります。洗髪時にリンスに一滴混ぜれば、フケを防ぎ、頭皮のにおいも防ぎます。また、朝にアロマバスとしてお湯にオイルをたらして入浴すれば、デオドラント効果を得ることができます。

身体面への効能について

月02乱れがちな自律神経の沈静化や皮脂の過剰な分泌を抑制する等、優れた効能を持つプチグレンですが、なぜこのように呼ばれるのかと言うと、それは1600年代にこの精油がさくらんぼ大の未熟な実で作られていたことから、そのように名付けられました。 このプチグレンに含まれる成分としては「酢酸リナリル」それに「リナロール」および「リモネン」「ネロリドール」等があります。 いずれも、心に働きかけて自律神経を安定させる効能が認められ、突然起こる動悸それに不安・不眠の解消に大きく役立っているのです。 また、身体面に於いても下痢や便秘の改善を促すとともに、消化器や循環器の働きをスムーズにしてくれる効果が期待できます。 コレステロールが気になる場合は、この成分を上手に利用することによって、生活習慣病を未然に防ぐことも可能です。 さらに、アレルギーが原因の咳や喘息の改善にも有効なので、常用すれば健康的に過ごせるのは間違いないでしょう。 それに、胃の働きを助けてくれるプチグレンは、食べ過ぎによる胃もたれ等にも優れた効き目があります。 この精油の有効成分を生活の中に盛り込んで、ニキビや吹き出物、それに消化不良などの健康トラブル回避にぜひお役立てください。

精神面への効能について

月01精神面がもろくなってしまっていて、プレッシャーを感じてしまっていてなかなか寝ることができないなど、安眠妨害の状態にある場合はまず精神状態をリラックスさせる必要があります。精神状態が極度の緊張状態にあると全く疲れが取れないので、寝れたとしても朝を迎えた時に全く体の疲れが取れない状態でその日をすごすことになり、昼間に眠くなってしまったり仕事や学校生活などに支障が出てしまうことになります。そういうとき気持ちを落ち着かせるために、プチグレンを利用すると落ち着いて眠りにつくことが出来ます。プチグレンは小さい粒という意味で、オレンジの小さい粒から抽出されていた事から名前がついています。精油の成分では特に相性のいいものがありますので、それとブレンドすると匂いはかなり違ってきます。自分の精神が落ちつくような匂いにブレンドすれば寝る時も落ち着いて寝ることが出来ます。プレッシャーで眠れない場合は、ベチバーやパチュりといった精油とブレンドすればよく眠れます。自律神経を調整する効果が高いので、心のバランスを取り戻すにはとてもいいです。中枢神経を抑制するので、不眠の改善にも役立ちます。落ち着いて眠りもきちんと取れるようにするにはプチグレンは効果的です。

精油の主な芳香成分について

空-虹プチグレンとは「小さな粒」という意味の名前です。
オレンジが小さい実のうちに抽出したエッセンシャルオイルをそう呼んでいたことが由来です。
現在のプチグレインは主にオレンジの葉や若い枝から抽出されています。
プチグレインに含まれる主な成分にはゲラニオール、ネロール、リナロール、テルピネオール、シトラール、ネラール、酢酸ゲラニル、酢酸リナリル、リモネンがあります。
ゲラニオール、ネロールは薔薇のような芳香があり、香水や香料に使われます。
リナロールはスズランやラベンダー、ベルガモットのような芳香があります。
テルピネオールはライラックのような香りで、香料として化粧品や石鹸などに使われます。
シトラールは強いレモンの香りを持ち、ネラールもレモンの香りを持ちますがやや弱い代わりに甘みを含んでいます。
酢酸ゲラニルはフルーティーな香りを持ち、香料の原料ともなります。
酢酸リナリルはベルガモットのような香りを持ち、リモネンも柑橘系の香りとして有名です。
こうした薔薇やスズランやラベンダー、ベルガモット、レモンといった香りが複雑に混ざりあって独特なプチグレインの香りとなっています。
ウッディーながらもさわやかな柑橘系の香りと柔らかな花の香りを持つこの精油は、落ち込みがちな気分を上向きにしてくれる効能があります。

由来について

空-稲妻プチグレンとはフランス語で「小さな粒」という意味を表す通り、もともとは熟す前の小さなオレンジの実から水蒸気蒸留の方法で抽出されたことに由来しています。
のちに葉や小枝から水蒸気蒸留で抽出されたエッセンシャルオイルがプチグレンと呼ばれるようになりました。
現在ではプチグレンはビターオレンジの葉や小枝から抽出されるエッセンシャルオイルを指しますが、スイートオレンジ、ベルガモット、マンダリンの葉や枝から抽出するものもプチグレンと呼ばれています。
プチグレンには、「酢酸リナリル」という成分が多く含まれており、これは自律神経の鎮静作用に効果のある成分です。
ラベンダーにも多く含まれている成分で、この2つの相性は非常によく、ブレンドにおすすめです。
眠りを妨げる作用がないので、安眠効果も期待できるエッセンシャルオイルです。
就寝前のアロマバスや寝室のフレグランスとして使用するといいでしょう。
また「アンスラニル酸ジメチル」という副交感神経の強壮、強い抗不安作用に効果のある成分を微量に含んでいます。
このためプチグレンは、不安な気持ちや気分の落ち込みを和らげ、気持ちを明るくしてくれる効果が期待できます。
デオドラント効果も期待できますし、ローズマリーとのブレンドですと朝の目覚めにもぴったりのオイルです。