身体面への効能について

月02乱れがちな自律神経の沈静化や皮脂の過剰な分泌を抑制する等、優れた効能を持つプチグレンですが、なぜこのように呼ばれるのかと言うと、それは1600年代にこの精油がさくらんぼ大の未熟な実で作られていたことから、そのように名付けられました。 このプチグレンに含まれる成分としては「酢酸リナリル」それに「リナロール」および「リモネン」「ネロリドール」等があります。 いずれも、心に働きかけて自律神経を安定させる効能が認められ、突然起こる動悸それに不安・不眠の解消に大きく役立っているのです。 また、身体面に於いても下痢や便秘の改善を促すとともに、消化器や循環器の働きをスムーズにしてくれる効果が期待できます。 コレステロールが気になる場合は、この成分を上手に利用することによって、生活習慣病を未然に防ぐことも可能です。 さらに、アレルギーが原因の咳や喘息の改善にも有効なので、常用すれば健康的に過ごせるのは間違いないでしょう。 それに、胃の働きを助けてくれるプチグレンは、食べ過ぎによる胃もたれ等にも優れた効き目があります。 この精油の有効成分を生活の中に盛り込んで、ニキビや吹き出物、それに消化不良などの健康トラブル回避にぜひお役立てください。

Comments are closed.